どこまでもどこまでも

当ブログでは、特撮のイベントレポを書いております。Twitterでは「@777knka」と「@bcgl2004」でつぶやいております。

「吉岡毅志×高野八誠トークライブ」レポート(2016/12/25:Vol.6)

2016/12/25に開催された「吉岡毅志×高野八誠トークライブ」に行きましたのでレポートを書きました。

 

 ■第ニ部(17:00~19:00)

『吉岡毅志×高野八誠トークライブ Vol.6~あざわら梅~

f:id:rrrrb:20170111023240j:plain

f:id:rrrrb:20170111023419j:plain

 
■流れは前回と同じです。
・吉岡さんと八誠さんのトーク
ウルトラマンガイア第6話を鑑賞しながらトーク
・お絵描き対決
・質問コーナー
・スリーショット撮影会&握手会
 
■オープニング
Vol.5と同じくサンタの衣装で登場した2人
 
吉岡「メリークリスマス!」
「最初だけは元気良くはじまりましたけど、ゆるーくやっていきます」
 
吉岡「クリスマス忘年会ということでね、カンパーイ!」
2人はビール、観客もみんな酒(またはソフトドリンク)を手にして乾杯。
 
■同じ話ができない
吉岡「1回目も来たっていう人、どのくらいいます?」
→だいたい半分が手をあげる
吉岡「…ということは!ということは同じ話ができないってことですね!?」
観客(笑)
 
吉岡「このサンタクロースの服なんですけどね、アマゾンで買ったんですよ」
→第1部と同じ話が始まり、くすくす笑い出す我々。
「これ、男性用のフリーサイズなんですよ」
「ニーキュッパ(2980円)でね」
#第1部では「同じ値段」とだけ言っていたので、具体的な値段は2部が初出でした。
 
■はじめて来た人
吉岡「俺たちに初めて会ったという人います?」
→1人いました
吉岡「最初はねえ、ああやって素敵な目をしてくださるんですけど、回を重ねるごとにみんな目が曇ってきて」
観客(笑)
吉岡「1回目の時なんて(感動で)泣いてる人いましたからね! 今や、奥のカウンターにいる常連さんなんて酒盛りはじめそうになってて、話なんて聞いてやしないっていう(笑)」
 
■オリジンサーガ
吉岡「明日、池袋でイベントでしょ? たけちゃんと太陽と石黒くんと尊哉と、主要キャストがそろうんでしょ?」
八誠「俺たちも見に行っちゃおっか」*1
吉岡「迷惑だから(笑)見たい人をちゃんと入れてあげないと」
 
ウルトラマンガイア第6話を観る
 
・「あざわら梅」というイベントタイトル
ずっとサブタイトルをもじってイベントのタイトルにしてきたのですが、そろそろつらくなってきた様子。
吉岡「もうどうしようもなくて(笑)」「1話と2話がいじりやすかったから、後のこと考えずにやっちゃったんだよね」「どこの梅酒だっていう」
 
・ファルコンの訓練シーン
八誠「あれ、チーム…なんだっけ」
吉岡「ファルコン」
吉岡「あ、そっか。(藤宮は)ファイターチームと絡みがなかったんだっけ?」
 
・藤宮の嘲笑(我夢の脳内イメージ)
なぜか笑いが起こる会場。真面目なシーンなのですが、御本人が目の前にいると無性におもしろくなっちゃうのです。
 
・我夢が梶尾に厳しい言葉を言われるシーンで黙って見入ってしまう2人
吉岡「しんみりしちゃった」
八誠「5話、6話(コメントが)むずかしいね」
 
ガンQを倒す
吉岡「俺が見逃してただけかもしれないけど、どうやって倒したのかわかんなかった!」
#本人が「わからない」と言っちゃう自由なイベントです
 
・ラストシーン(食堂での我夢と梶尾の会話)
吉岡「これ、本気でむせちゃってる(笑) ここアドリブなんですよ」
 
ガンQ
吉岡「怖かったよね? はじめて観たとき、子どもだったっていう人いる?」
→手をあげる観客
吉岡「大きくなったねえ…」
 
八誠「5話は俺活躍したけど、6話は全然だったよね。ただ笑ってただけ(笑)」「7,8は大丈夫なのかな?」
 
■お絵かき対決「こんなウルトラマンは嫌だ」
「こんなウルトラマンは嫌だ」とスクリーンに表示されると笑いが起こる会場。同じお題6回目!
 
吉岡「第1部に参加された方はわかると思いますが、同じです」
八誠「それどころかvol.1から同じだよねw」
#そろそろお題を変えればいいのに・・・と会場みんなが思ったはず
 
吉岡「今回からグレードアップしまして、なんと・・・!ペンの色が増えました!」
あまりにも小さなグレードアップに笑う観客。しかも直前のVol.5でも聞きましたw
 
・かきながら唐突にボソッとつぶやく八誠さん
「俺、最近ウルトラマンのかたちを理解したの」
吉岡「は?どういうこと!?(笑)」
八誠「トサカがどこまでつながってるかわかんなくて」
吉岡「トサカって(笑)」
#ツッコミどころがたくさんあります。18年たった今になって理解したんですかとか、呼び名がトサカとか・・・八誠さん面白すぎますw!
 
吉岡「だめだ、体力がなくなってきた」
「こんなときにビールがない」「ビールください」とおかわり。
#思うんですけど、体力というより"滑り倒して精神力がなくなってきた"のでは…
 
・1回戦
(吉岡さんの回答)
吉岡「小田急線の力、お借りします」
#これ第1部と同じですーーー!(笑)
 
変更点:
・つり革に描かれた文字が「京王線」→「小田急線」
・ガイさんの服に書かれた文字「石黒」→「英雄」
 
吉岡さんが「これねえ、第1部に来た人が怒ってますよw」と自虐してヘコんでました。でもネタの2段重ねは正直大笑いしました。
 
(八誠さんの回答)
八誠「力だけ借りて自分は休んでる」
描かれていたのは、怪獣と戦う2人のウルトラマン(らしきもの)
そして、布団で寝ているオーブ(らしきもの)
「オーブネタでかぶっちゃった」と笑う八誠さん
 
・2回戦
(吉岡さんの回答)
ウルトラマンドゥテルテ」
「敵はトランプです。賛否両論なんだけどね、支持率は意外と高いです」#フィリピンのドゥテルテ大統領ネタ
 
八誠「時事ネタ入れてくるよね」
 
(八誠さんの回答)
「おさげ」
#第1部の「ロン毛」と同じ! 三つ編みにしただけ!(笑) しかし、画伯の絵から放たれる異様な怖さに会場爆笑。
 
吉岡さんが第1部と同じ!って叫んでいました。「フィギュア化するならロン毛とおさげはセット販売だよね 」とか言っていて、もう爆笑。
 
吉岡「vol.1からずっと同じお題なんで、いい加減ネタがつきてるんですよ。じゃあ、やめろって話ですね!!」「次回からは皆さんにお題を募集する方向にします(笑)」
#やっと気づくというこのゆるっと感がたまりません。
 
■似顔絵対決
観客からお題を募って似顔絵を書くコーナーです。

・1回戦「ドラゴンボール孫悟空
吉岡「これは得意だよ。小学生の頃に描いてたから」
八誠「おれもこれ得意」
吉岡「まず、ドラゴンボール知ってるの?」
八誠「見てたよ。GTは見てないけど」
その後、八誠さんが「GTからつまんなくなったでしょ」、吉岡さん「そういうこと言っていいの…?」という会話が子供と保護者のようで、見ててニヤニヤしてしまいました。
 
(八誠さんの作品)
吉岡「待て、どこからツッコんでいいかわかんない(笑)」
吉岡「まず鼻はねぇからな!? あと[むてんろうし]って書いてあるけど、これ亀仙人のことだろ!?」
「お題は孫悟空だから!クリリンじゃないから!」
 #八誠さんの作品はすごい問題作。得意とは一体…
 
(吉岡さんの作品
吉岡さんの孫悟空はめっちゃ!!上手い!
しかしなぜか「とりやまあきら」と添えてありますw
吉岡「サインも書いておきました」
八誠「それが余計」
 
・2回戦「宇梶さん」
前にやったけどもう1回リクエストということで再びの宇梶さん。
 
(吉岡さん)
吉岡「前に描いたときとは違うテイストで描いてみました。若いころの宇梶さん」
→悪かった頃の宇梶さん・・・ということで暴走族時代の宇梶さんが仁王立ちしている絵。
 
(八誠さん)
八誠「前に毅志が描いたのを意識して描いてみた」
絵を見た衝撃が走りました(画伯的な意味で)凄いものが来てしまいました・・・!顔はキュビスム的だし、なぜか胴体が犬。・・・・犬!上手いとか下手とか通りこして意味がわかりませんw
 
「おい!」と叫ぶ吉岡さん。
観客も相当ざわめきましたw
吉岡さんが「なんで!?」と胴体について聞いたのですが「合うと思って」という謎すぎる答え(笑)
 
吉岡「自分の奥さんの時だけかわいく描いたくせに!」
Vol.1(2015/4/25開催)は石田裕加里さんの似顔絵がお題でした。あの時は、画伯なりにきれいに描いていました。やはりあれが愛。
 
■質問コーナー
Q「ウルトラマンオーブが最終回を迎えましたが後輩にひとことお願いします
 
吉岡「僕らが全部見た前提で質問されてますけど…すみません!(笑) 時々は観たんですけどね~」
八誠「俺、最終回の1つ前のやつ見た」
#全部は見ていない2人。うん、そうでしょうと思ってましたw 

八誠「あのジャグラーってやつ、最後まで敵だったの?」
観客(口々に否定)
八誠「あ、そうなの?俺が見たときは悪いところしかなかったけど」
吉岡「じゃあ、似てる感じなのかな? ガイが我夢で、ジャグラーが藤宮で、みたいな・・・」
観客(それも違うと否定)
吉岡「あ、違うんだ?」
#違います。
 
Q「お互いの好きなところをあげていってください」
 
吉岡「あげていくの!?(笑) お互いに言っていって続かなくなった方が負け? 新しいね」※そんなに続かないので1個言って終わりです。
 
(八誠→吉岡)
「アクティブなところ。なんでもポンポンやっていくでしょ」
吉岡「アクティブなところ……?」
客席から「結婚!」とツッコミ
全員(笑)
 
(吉岡→八誠)「そのまんまなんですよ。素直で、よくも悪くも気を使わない。自分にはないところがお互いにあってそこがいいんだと思います」
 
Q「来年の抱負はなんですか?」
顔を見合わせる2人
八誠「 ………変身したいね?」
吉岡「変身したいねw」*2
八誠「久しぶりにね」
 
吉岡「こういうお店をやってるということもあってドラムを始めました。だんだん楽しくなってきちゃって」
八誠「俺は釣りをはじめた。マグロを釣りたいなと思って」
吉岡「は!?(笑)松方弘樹さん?」
八誠「マグロを釣りたい(笑)」
吉岡「たけちゃんと、太陽と一緒に釣りにいけばいいじゃん。あの2人一緒に行ってるらしいよ? たけちゃん主催で釣り大会をやってるから」
八誠「あ~。今度呼んでもらおう」
 
Q「2016年で一番の思い出はなんですか?」
八誠「あるんだけどねえ」
吉岡「あるけど言えないやつでしょ(笑)」
八誠「みんなもうわかってるんでしょ?」
吉岡「いや、わかってる人がいるのかどうかもわからない」*3
八誠「まあ、でもウルトラ関係のイベントで会うことの多い年でした」
吉岡「近年で一番(2人で)一緒に飲んだかもしれない」
 
Q「一番最初に見た特撮ヒーローは?」
吉岡「ウルトラマンなら80、戦隊ならサンバルカン。シャークに憧れて真似してた。仮面ライダーは見てなかったと思う。小学校にあがったあとにRXかな」
 
八誠「警視庁24時みたいな(笑)」
吉岡「それは昔の宇梶さんみたいなのが出てくるやつだろ!(笑)」
八誠「ギャバンとか」
吉岡「あ!俺もギャバン見てたわ!」
八誠「ロボコンとか。あと不思議少女系。ポワトリンとか」
吉岡「シュシュトリアンとか!」 
他にも吉岡さんがなにかの作品名を言っていたのですが、失念してしまいました。

Q「変身のとき、アグレイターが回りますが、あれはどうやってるんですか?」
吉岡「それはフィクションの話? リアルの話?」
客「リアルの話でお願いします」
 
八誠「まず手を下ろしてるとき、一度服を脱いで袖にワイヤーを通すんです。で、それを助監督さんが」
吉岡「あ、僕、助監督やりましょうか?」
八誠「ワイヤーを助監督さんが持って」
吉岡「シュッ!」(ワイヤーを引く動作)
八誠「これで一度カット」
吉岡「ここでカット割りが入ります」
 
八誠「それで今度はまた腕をあげた時用のワイヤーを袖に通して」
吉岡「シュッ!」(ワイヤーを引く動作)
八誠「これで終わり」
 
吉岡「わかりましたね。つまり1人じゃ変身できないんです!それから、最低でも2カット必要になります 」
観客(笑)
吉岡「その点、エスプレンダーは楽でしたね。前に出すだけなんで」
 
八誠さんによると、服の袖口にアグレイターが引っかかってまわらなくなるので、袖口の裏側をガムテープで止めて服をぴたっと密着させることによって引っかからなくしていたんだとか。
 
■歌のプレゼント
クリスマスということで、お2人が歌ってくれました。
テーブルを横にどけたりマイクを持ってきたりして歌う準備をするお2人。吉岡さんがギターのチューニングをする横で数枚の紙(楽譜?)をパラパラめくる八誠さん。
 
八誠ウルトラマンガイア!」
観客(普通に拍手)
八誠「……じゃなかった、なんか英語のやつ」←英語のやつっていう言い方かわいい。
観客(?)
吉岡「聞いてください。Beat On Dream On」
観客「おおおお!!!」
 
「Beat On Dream On」でした! 「Beat On Dream On」・・・!!!
ウルトラマンガイアのファンにとっては感動にうち震えるプレゼントでございます。あの歌を我夢と藤宮を演じたお2人が歌ってくれるなんて!
 
Beat On Dream Onを歌うこと
吉岡「珍しいよね。はじめてじゃないかな。まあ歌うこと自体そんなにないけど。これを2人で歌うのは本邦初公開ですよ」とのことでしたが、最高だったのでCDにしてほしいです。。。
 
・ディナーショー
吉岡「1部でも話したんですけど、大昔にぼくら大阪でディナーショーをやったんですよ。20歳前かな…? 20歳前のわけないか!」
※珍しく吉岡さんがうっかりボケをかましていて大変キュートでした。
ガイア当時が19~20歳だったんだから、その前はあり得ないって誰でもわかりますってば。
 
八誠「終わった直後じゃない?」
吉岡「え?」
八誠「ガイアが終わった直後じゃない?」
吉岡「それくらいだったっけ」
 
■ラストの挨拶
吉岡「来年もどこかでお会いしましょう!」「このイベントは…やるぅ?」
八誠「やるでしょ」
(小声だったけどきっぱり即答)
 
吉岡「みなさんがこんなイベントでいいとおっしゃるならやります(笑)」
観客(拍手)
 
吉岡「これで5〜6までやったので、来年は7、8、9、10 と、3年で10話までいけたらいいなと思います(笑)
来年以降もとても楽しみです!また行きたいと思います。ところで、このままのペースで進んだ場合の予測表を作ってみました。気になるのは27話~(2022年)からの藤宮の不在期間に高野さんがどう反応するかです。

f:id:rrrrb:20170113225618p:plain

 
■写真
第1部と同じようにスリーショット写真を撮ってもらって終わりです。
すごく緊張したのですが「また歌ってください」と言ってみました。また歌が聞きたい! というわけで今回のレポは終了です。 
 
おまけ
トークライブ会場に貼ってあったポスターです。注目はウルトラマンオーブ出演の主役2人のサインがあること! 石黒英雄さん(左)青柳尊哉さん(右)

f:id:rrrrb:20170114011159j:plain

 
(終わり)
 
 ■他の回へのリンク

「吉岡毅志×高野八誠トークライブ」レポート(2015/4/25:Vol.1)
Q:「Vol.2のレポはないのですか?」A:「行けませんでした」
「吉岡毅志×高野八誠トークライブ」レポート(2016/5/28:Vol.3)
「吉岡毅志×高野八誠トークライブ」レポート(2016/5/28:Vol.4、そして打ち上げ)
「吉岡毅志×高野八誠トークライブ」レポート(2016/12/25:Vol.5)
「吉岡毅志×高野八誠トークライブ」レポート(2016/12/25:Vol.6)←今ここ
「吉岡毅志×高野八誠トークライブ」レポート(2017/5/6:Vol.7)

*1:普段と違って、後輩ウルトラマンのイベント予定日を正確に把握しているのが怪しいです。もしや本当に出るのかと疑ってしまいました。

*2:思わせぶりすぎる その1

*3:思わせぶりすぎる その2