読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまでもどこまでも

当ブログでは、特撮のイベントレポを書いております。Twitterでは「@777knka」と「@bcgl2004」でつぶやいております。

「吉岡毅志×高野八誠トークライブ」レポート(2016/12/25:Vol.5)

ウルトラマン ウルトラマンガイア

2016/12/25に開催された「吉岡毅志×高野八誠トークライブ」に行きましたのでレポートを書きました。※記憶を頼りに書いていますので、発言はニュアンスです。

 ■第一部(13:30~15:30)

『吉岡毅志×高野八誠トークライブ Vol.5~もう1人は阪神
2015年開催のVol.1、2、そして2016年5月のVol.3、4に続いて今回はVol.5でした。
 f:id:rrrrb:20161226013216j:plain
 
■流れは前回と同じです。
・吉岡さんと八誠さんのトーク
ウルトラマンガイア第5話を鑑賞しながらトーク
・お絵描き対決
・質問コーナー
・スリーショット撮影会&握手会
 
■オープニング
サンタの衣装で登場した2人。まず入ってきたのは、赤いサンタ衣装の吉岡毅志さん(手にビールのコップを持ってる)次に入ってきたのは黒いサンタ衣装の高野八誠さん。
吉岡「メリークリスマス!」「ようこそ!このゆるいトークへ」

吉岡「はじめての方、いらっしゃいます?」
→1/4くらいが手をあげる
吉岡「言っておきます。これはよその"ちゃんとした"イベントとは違います」
※本当にゆるい。だがそれが良い
 
■サンタの衣装について

吉岡「これ、アマゾンで買ったんだけど、男性用のフリーサイズなんだよ?びっくりしたよ!」
#吉岡さんにはぴったりサイズ、確かにフリーサイズとしては小さめ。
吉岡「俺、小さいから良かったけど」

吉岡「はっちゃんのこれ、ニンジャ・タートルズの師匠じゃん!ネズミの(笑)外国の人がちょっと勘違いした日本みたいになってる」

見た感じ、黒サンタ衣装の方がサイズに余裕があるし、着心地も良さそうに見えました。
吉岡「俺のと同じ値段ですからね。買うときは気をつけないと。でも買ったからには来年も使いますよ」

f:id:rrrrb:20161226015758j:plain

※写真だとサイズ感はわからないかも。

 
■オリジンサーガ
吉岡「いまやってるウルトラマン、オーブだっけ? amazonプライムの配信はいつからでしたっけ?」
観客「26日」
吉岡「いいね、こういう対話型(笑)」
八誠「何時から配信なの?」
観客(う~ん)
八誠「3時?・・・3時ということにしよう!」
#相変わらず自由w

吉岡「特報だけ見たんですけどね、建物とかが韓流ドラマみたいでしたね」
八誠「呼んでほしいよね?」
吉岡「でも、違う星の話っぽいから、俺らは出られないんじゃないの? 地球のウルトラマンだから」
八誠「地球に来てくれたら出れるのにね」

吉岡「Amazonプライムに入ったよって人います?」
→ぱらぱらと手をあげる観客
吉岡「へえ~・・・これから入るって人は?」
→また手をあげる観客
吉岡「早めに入っておいてください。ガイアも全部見られますし」
#それは…どういう意味で…?
 
■乾杯
八誠「あれ、(ビールが)ない」
吉岡「自分のビールを持ってくるって言ったでしょ!」
#ビールをスタッフさんに持ってきてもらう八誠さんw

吉岡「僕らいつもは昼間から飲んだりしないんですけどね。プロ意識で(笑)」「今日はクリスマスなので」
#観客も飲み、出演者も飲むスタイルの楽しいイベントです。

吉岡「言っておきますが、これは子供向けのイベントではございません!アダルティーなイベントとなっております」前回(2016年5月)の八誠さんによる下ネタ連発に懲りたのか、大事な注意事項(笑)
吉岡「それだけは言っておかないと(小声)」
 
■2016年の2人
吉岡「今年はいろんなところで会う機会があったよね」
八誠「ウルフェスとかね」
吉岡「あー、ウルフェスね」

→この流れで5月にトークライブをやったねという話もしていました。
吉岡「2015年に1、2話を見て、それから1年あいたんだよね。これじゃ死ぬまでに終わらないって話になって(笑)今年は初の2回開催です。2年かかってやっと6話まできました(笑)」
 
ウルトラマンガイア第5話を観る
・サブタイトルいじり
イベントタイトルを「もう1人は阪神」と題したことについて
吉岡「『もう1人は阪神』って・・・w 『もう1人の巨人』ですけどね。もうネタどうしようもなくてw」

・藤宮いじり
初期藤宮がチラチラとしか映らなかった件をいじる2人
吉岡「藤宮もちゃんと出てきたからね」
藤宮「前は『足だけ』とか『アゴ』とか」
観客(笑)
吉岡「テレビ局の鏡にアゴだけ映ってたねw」

・OP
吉岡「母親の名前は『重美』だったんだ~」

・帰省する途中、バスに乗る我夢
八誠「あ、北浦さんだ」
#バスの乗客役として北浦監督が映っている

・バスの中で女子高生のおしゃべりに閉口する我夢
吉岡「これは!本当に迷惑ですから!」
八誠「リアルだったら会話に混ざってるでしょ?(笑)」
吉岡「混ざってるかもしれない(笑)」

・我夢の回想(子どもの頃、仲間はずれにされていた記憶)
八誠「(我夢は)お坊ちゃまだったの?」
吉岡「いや、そんなお金持ちではなかったはずだけど」
八誠「でもお坊ちゃまみたいな雰囲気あるよね」
吉岡「大切に育てられたんだよ、きっと」

・藤宮のトレーニング
観客(爆笑)
吉岡「出た!師匠!!!」
八誠「おれ、こんな時からしてたっけ?」
八誠「鍛えながら喋るシーンはあとのほうであったよね」
#一番笑撃だった筋トレシーンだけ覚えているもようの八誠さん。
#私もアレが強烈すぎて5話のやつは印象が薄いです。

・海岸で、我夢の前に現れる藤宮
吉岡「着替えてきたんだ(笑)」
八誠「ここでタンクトップだったら格好悪いだろ(笑)」

・アグルを見たジョジー「ガイア!?」→あっこ「ちがう」のシーン
吉岡「ガウはバカだろ!w」
八誠「色がわからないんじゃw」
 
■お絵描き対決のコーナー
お絵かき対決「こんなウルトラマンは嫌だ」
vol.1からずっと変わらない安定のお題です。

吉岡「はじめての方は知らないと思いますけど」
(八誠さんを指差す)「画伯って呼ばれてるんですよ」

吉岡「今回はなんと!ペンの色が増えました!」
観客(笑)
いつもは黒マジック1色だったのですが、4~5色用意されていました。

八誠さんは描き終わるのが早く、暇になるといつも「オシャレにしちゃおう」と言って色ペンで何かを描き足します。しかし、描き足しても[画伯]が強化されるだけなのです…

・1回戦
吉岡「オーブリングだと思ったら、京王電鉄の吊革だった」
八誠「飛ぶごとにマイルがたまる」
→観客の拍手による判定は「吉岡さんの勝利」

・2回戦
吉岡「これは…だめだわ。『はあ!?』って言われる。っていうか滑った」と見せる前から絶望した様子。
見せてくれた回答は「年末に解散する」

八誠「ロン毛」
画伯の爆発力がやばいw 落ち武者か幽霊のようなロン毛ウルトラマン

吉岡「なんで目が赤いの!言っとくけど、ウルトラマンの目は赤じゃないからな!?」
八誠「あ、黄色か」
#目が赤いことで恐ろしさが増幅されていましたw

→観客の拍手による判定は「八誠さんの勝利」
 
■似顔絵
観客からお題を募って似顔絵を書くコーナーです。

・1回戦「ジャグラー役の青柳尊哉さん」
吉岡「青柳尊哉とは小劇場で繋がりがあって。オーディション受けて受かったんですよ!なんて聞いてました」

八誠さんが描いたのは「ジャグラーが捕まって拘束されてるシーン」(24話)
下手は下手なんですが、描きたいことはわかる。

吉岡さんが描いたのはワイングラスを持っているジャグラー
吉岡「宇宙人とポーカー?チェス?をして、ワイングラス持ってた」と話していたので、10話で惑星侵略連合とカードゲームをしていたシーンだと思われます。

→観客の拍手による判定は「吉岡さんの勝利」

・2回戦「サンタクロースの格好をしたお互いの顔」

吉岡さんが「相方です!」と出した絵はさすがにとても上手!
アドベントカードを持って」とのことで、「変身!」という文字に「ベルト」をつけているというライアネタも入ってました。

対する八誠「これはうまいよ」 #もう前振りにしか聞こえない言葉w
出された絵は、コメントしがたいほどの絵w
写実的にデッサンしようとした雰囲気は伝わる・・・伝わるけれど圧倒的に足りない画力。

吉岡「なにこれ!? ここは何?」
八誠「アゴのライン」
吉岡「ここは?」
八誠「くち」
吉岡「口なんだ!? ヒゲかと思った」

圧倒的な画伯ぶりを見て、
吉岡さんが「この二人の愛の差」とコメント(笑)
 
■質問コーナー
Q「来年はどんな年にしたいですか?」
吉岡「来年は、よりウルトラな年にしたいと思っています」

Q「奥さんとのなれそめを教えてください」
吉岡「うーーーん!」と盛大にうなり「黙秘権!!」
観客「ええー!」
吉岡「俺はいろいろあったから!」
観客(笑)

八誠「嘘ついてでも言った方がいいの?」
吉岡「嘘はだめだろ!」

八誠「照れるよね」
吉岡「プライベートは言わないことにしました!」
八誠「それが幸せだね(笑)」

Q「パイの実が置いてあるのは何故ですか」
2人がいるステージ上のテーブルに「パイの実」「トッポ」の箱が置いてあったことへの質問。
しかもなぜかサイン入り。

八誠「食べたい人がいたらあげようと思って」
吉岡「そうなんだ?(笑)」

八誠「メリークリシスって書いといた」
#前日にツイッターでも書いてましたよね。確かに、箱に書いてありました。
 
■歌のプレゼント
2人が歌をうたってくれるというので沸き立つ会場。
吉岡「はじめての方はわからないと思いますが、前回までは歌わないで終わりだったんですよ」
信じられないイベントでしょう?みたいなことを言う吉岡さん。いやいや、前回までだって十分すぎるほどでした。
 
吉岡「俺たちむかし大阪で歌ったことがあるんですよ。生意気にもディナーショーなんてやってね」※第2部で言ってたのですが時期はガイア放送終了後の少しあとだとか。

ウルトラマンガイア!」のアコースティックバージョン。
吉岡さんのギター生演奏でした。
前奏をさらっと弾く姿に「おおう・・」とざわめく我々(かっこいい)

「ギーリーギリーまでー!」と思いっきり歌い出しのタイミングを間違える八誠さん。
前奏はあんなにかっこよかったのに!w

吉岡「もうちょっと、ぎりぎりまで待ってもらえたら良かったのに!」と大笑い
「リハで何回やっても入れなかったんだから!(笑)」
「俺がやるって言ったでしょ!」
リハで何回やっても歌い出しがわからない八誠さん、面白すぎますww
2回目は吉岡さんが歌いだして、無事にスタート。

歌う前は「高いからな~」とつぶやいて不安がっていた2人でしたが、本当に上手かったです。またイベントで歌ってほしいな~。
 
■ラストの挨拶
吉岡「1部で終わりっていう人います?」
その人たちに向けて「良いお年を」とメッセージ。

そしてまた吉岡さんから意味深な発言。
「上の方から詳しい事は言わないようにと言われておりますが、Amazonプライムにはいってください」
「我々に言えることはそれだけです」
「26日からオーブが配信されます。きっと面白い作品になっていると思います」
#ひとつのイベントで2回も「Amazonプライムに入って」と言われた・・・!これどう考えてもお2人の出演フラグですね!
 
■写真
スリーショット写真を撮り、握手をしてもらって帰る、という流れになります。
ポーズはリクエストに応えていただけるので、持参したエスプレンダーやアグレイターを付けて変身ポーズをとっていただいたり、肩を組んでもらったり、参加者が思い思いの写真を撮ってもらえました。
 
 
終わり