どこまでもどこまでも

当ブログでは、特撮のイベントレポを書いております。Twitterでは「@777knka」と「@bcgl2004」でつぶやいております。

「吉岡毅志×高野八誠トークライブ」レポート(2016/5/28:Vol.4、そして打ち上げ)

2016年に開催された「吉岡毅志×高野八誠トークライブ」に行きましたのでレポートを書きました。 第一部(Vol.3)のレポートは、こちら

f:id:rrrrb:20170407005523j:plain

第ニ部(17:00~19:00) 「吉岡毅志×高野八誠トークライブ  Vol.4~天然のゴム~」

登場
第一部と同じように、会場の後方のドアから登場するお二人。
開幕トーク
吉岡「第二部はVol.4(ボリュームフォー)ですね。Vol.4・・・」
2人で顔を見合わせて
吉岡&八誠「「天然のゴム」」
偶然にハモっちゃった様子。
吉岡「こんなとこハモってもな~(笑)」
 
吉岡「第1部は荒れましたね~!」とニヤニヤ。
「あとでそのコーナーの時に話します」
#第一部は下ネタで大いに盛り上がりました・・・
 
吉岡「高野八誠と吉岡毅志に初めて会うひと~」
数人が手をあげる
吉岡「夢を壊さないように・・・とはいかないので来たからには覚悟しとけよ!(笑)」
客席に向かって宣言する吉岡さん。 
 
イベントサブタイトルについて:
吉岡「天然のゴム。もうよくわかりませんね」「その名はライアは僕が考えたんです。で、天然のゴムは八誠が考えました」
 
#イベントのタイトルはウルトラマンガイアの各話サブタイトルのパロディなのですが、確かにだんだん原型がなくなってきてますね。
# Vol.1 光をつかめ!→光つかめるか?!
# Vol.2 勇者立つ→勇者たてるのか?!
# Vol.3 その名はガイア→その名はライア
# Vol.4 天空の我夢→天然のゴム
ウルトラマンガイア4話を視聴
オープンニングテーマが流れた瞬間にワンフレーズだけシャウトする八誠さん。
八誠「ギーリーギリ!!・・・」
観客大盛り上がり。
 
吉岡「歌うなら歌えよ!」
笑って首を振る八誠さん
 
観客が“歌って”という期待をこめて手拍子で盛り上げると、観念したのか歌いだす八誠さん。続いて歌い出す吉岡さん
あまりの豪華さに会場のテンションMAX。
 
サビ前で吉岡さんが観客に「歌って!」と合図
吉岡&高野「ギリギリまで頑張って」
客(カモン カモン ガイア!)
吉岡&高野「ギリギリまで踏ん張って」
客(○○○○ ○○○○  ガイア!)*1
 
OP最後の「ウルトラマンガイアー♪」を八誠さん(?)が超低音で歌っていました。
や、どちらの声かわからなかったんですが、そういうボケをするのは八誠さんなイメージ。
 
オープニングだけで盛大に声を出して騒いだので、
吉岡「こんな観かたしたの初めて!w」とテンション高く笑ってました。
最高に楽しかったので、またやってほしいです。あのOP 1分半だけで来たかいがありました。
 
本編を観ながらの生コメンタリーも相変わらずな、まったり仲良しトークでした。
 
4話で我夢がしゃべる長い説明セリフを当時の子ども達はわかっていたのか問題
八誠「あのごちゃごちゃ言ってたの、わかんなかったんじゃない?」
吉岡「しゃべってる俺がわかってないから。わかるわけないw」
 
EDでまた歌い出す高野さん
八誠「ラービング ユー!」(声が裏返る)
吉岡「(高すぎて)出ねえよ!」
キーが高すぎるのでEDは歌わない2人。
 
EDを見ながら会話
八誠「だって(藤宮が)出てこねえんだもん!」
吉岡「今回は藤宮、(映るサイズが)小さかったねー」
八誠「嫁(=玲子)が頑張ってるくらいで」
・・・と話していると、スクリーンに映る藤宮の足。
2人「ここか!」
観客「ヒューーー!」
八誠「出たねえ!」
 
吉岡「足だけかと思ってたら、顔ドアップで出てたね」
八誠「足で語れる俳優だからw」
 
八誠「つるの君いてほしいよね。」
吉岡「あれやっちゃうとね。」
※「あれ」=2015年ウルフェスのトークショー
吉岡(八誠さんを指して)「あのときもひどかったよね!?はけるときにマイクおいて、こうやって!ピンクレディー?」*2
客から「山口百恵」と言われ「山口百恵?」と訂正する吉岡さん。
質問コーナー
Q「ガイアの映画で赤い球がティガとダイナを召喚した時、アグルとしては"なんで自分を呼ばないのか"となりませんでしたか?」
 
吉岡「あの濱田岳くんとか出てたやつね」
八誠「俺出てないから映画自体観てない」
吉岡「あ、そもそも映画に嫉妬してるわけね?」
八誠「なんで呼んでくんないの。ぜってー観ねえと思って。なんか変なガキ呼んでキャンペーンやってて」
吉岡「どうしたの?w」
子どものように拗ねる八誠さんと笑ってなだめる吉岡さん(保護者感)
 
Q「40歳になった我夢と藤宮はどうしてると思いますか?」
吉岡「普通に研究して、地球環境を良くするために働いてると思う」
八誠「旅してるんだろうな」
吉岡「まだ旅してんの!?あのサンドバッグみたいなの持って!?」
八誠「あと結婚してると思う」
吉岡「我夢は結婚しなさそう。PALを復活させて、家でPALに向かって話しかけてるよ」
#なにそれ寂しい

打ち上げ

打ち上げとは・・・

軽食とお酒を楽しみながら、2人が各テーブルをまわり、皆さんとお話しする会。
お一人様一点、ご持参頂いたものにサインを致します。

8人くらいずつのグループに分かれてテーブルを囲んで飲み食いをしていると、吉岡さん高野さんが来てお話ししてくれるというシステムです。

八誠さんが私たちのテーブルに来たので、色紙にサインをお願いしたら真顔でこっちの顔を見て「小栗旬でいいですか?」と。
まさかの小栗旬
小栗旬でいいです!お願いします!」と答えたけど、真面目な高野さんのサインが返ってきました(当たり前)
しかし、高野八誠さんが「小栗旬」と書いたサインだったら、レアなので欲しかったなあとも思います。短いトークのあいだに笑いをとっていくあたりさすがすぎます。
締めのトーク

吉岡「おまえこの後、朝までどっか行くんだろ?」
八誠「いや子どもが待ってますから」
観客「ヒューー!!」
吉岡「このあとコメントしづらいw」

飲みの話
吉岡さんが八誠さんを指して「時々、うちの店に来て暴れていくんですよw」
#うん、イベントでも大暴れでしたw

吉岡「最近また時々飲むようになったんですが、2人で飲むとひどいもんですよ。昨日もひどかったw」

・絵
1部2部に来なかったひとのために、と絵を見せてくれる吉岡さん

スケッチブックをめくりながら、ぴたっと停止したり、目が泳いだり、挙動不審になる八誠さん。1部に出た人々、爆笑。

「お酒 + 打上げ」という場の空気も相まってか、吉岡さんが結構な勢いで喋りまくってて、非常に楽しそうでした。 「これロフトプラスワンでやるネタだろ! うちの店のイメージが悪くなるw 」と爆笑してました。いやーお酒って楽しいですね!

・18年
18年経つんですけど、ずっと一緒にやってるっていうのは、もちろん求められてるっていうのもありますが、なぜか波長が合っちゃったんですね
なんでだろうねえ~」という吉岡さん
 
八誠「最近特に思いますよ。加藤和樹とか、つるの君みたいにちゃんとできないなって」*3
吉岡「よく知らないんだけど加藤和樹ってちゃんとしてるの?」
八誠「ちゃんとするところはしてますよ」
 
八誠「俺ちゃんとできないからさー」
吉岡「ウルフェスのトークショーでもひどかったからw『一番余力があるのはお前だ』って、つるの君と俺が息ピッタリだったからね!見たひとはわかると思うけど」*4
 
八誠「この漫談いつまでやるの?」
急に飽きる八誠さん
吉岡「お前、飽きてきたんだろ!」
吉岡(観客に向かって) 「八誠が飽きてきたので、しめまーす」
#八誠さんが何を言っても最終的に許すこの感じ。吉岡さんの包容力が神。
 
「最後は『お疲れ様でした。アグルー!』で締めましょう。」
「しめたらさっさと帰ってください。」
なぜかみんなで酒のグラスを持って「アグルー!」と叫んで締めました。
 
#そんな斬新な締めの言葉ははじめてです。
#終了時刻が延びたのは2人がしゃべりすぎたからです!w
#というわけで大変楽しい会でした。

*1:ここのコーラスの歌詞は、CDの歌詞カードでも明らかになっていないのですがみんな思い思いに声を出しました

*2:ガイアのBlu-rayBOXの特典映像に収録されています

*3:なぜ加藤和樹さんの名前が出てきたかというと、このイベント直前の5/16に仮面ライダーTHE FIRST&NEXTのメンバーがBlu-ray化記念の座談会のために集まったから。

http://natalie.mu/eiga/news/187387 

*4:トークショーで喋りまくって疲れ切ったつるの氏&吉岡氏に対して、省エネだった八誠さん。2人が口をそろえて八誠さんにツッコミを入れた一幕