読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまでもどこまでも

当ブログでは、特撮のイベントレポを書いております。Twitterでは「@777knka」と「@bcgl2004」でつぶやいております。

ウルフェス「大空大地」イベントレポート(2016/8/23 15:10回)

ウルトラマン ウルトラマンX
■登場
1,2回目と同じく、エックスとユナイトした状態で登場した大地隊員。
生アフレコで遊ぶ大地、遊ばれるエックスのコントが始まります。
 
大地の声「みんなー、こんにちはー!」
手を振るエックス。
 
お姉さん「あれ?大地隊員を呼んだのにエックス?」
大地の声「なに?なにか文句ある?」
お姉さんを指差すエックス。
 
大地の声「大地、1年間やってきてわかったけど、エックスで出た方が盛り上がる!」
エックスがサムズアップでドヤァ。

お姉さん「そんなことないですよ!」
 
大地の声ゼットン軍団と戦ったから、心配でユナイトして出てきたんだよ」
お姉さん「この会場はいろんなウルトラヒーローが定期的にパトロールしてるので、大丈夫ですよ!」「エックスのエネルギーが少なくなっちゃうので、」
 
大地のアフレコ無茶ぶり
「じゃあエックス、戻る前に、格好いいポーズを"3回連続で3パターン"やろうか?」
エックスがビクッとして動揺。
 
大地の声「ポンポンポーン!ってタイミングで」(1ポーズ1秒くらい)
お姉さん「結構テンポがはやいですね」
 
エックスが自分の胸に拳をあてて気合を入れてました。
大地の声「じゃあ、いくよ?」
「ポンポンポーン!」
大地のかけ声に合わせてポーズをとるエックス。
結果はグダグダ。
 
大地の声「…後でエクスデバイザーで会話しようか」
低めの声で呼び出し(こわい)
 
お姉さん「もっとユナイトしてくださいね!」
 
#もっとユナイトしてくださいっていうフォローなんですけど、
#もう十分に仲良しで心が通じあってると思うので、問題は別の場所にあると思いますw
 
■トーク
エックスがステージ裏に戻ると、かわりに大地が登場。
 
大地「前のひと、こんにちはー!」
客「こんにちはー!」
大地「うしろのひと、こんにちはー!」
客「こんにちはー!」
大地「こういうのやってみたかったんです」
やってみたかったと言った時の笑顔が楽しそうでした。
 
 
大地「今日、3回とも来てる人いる?」
たくさんの人が手をあげました。
大地「大地が同じこと喋っても、同じように笑ってください!(笑)」
 
 
大地「とあるウルトラマンのせいで、俺のイメージが下がってると思うんです。それはウルトラマンオーブなんですけど!」
 
大地「オーブの変身ポーズやりますよ?」
ウルトラマンさん!ティガさん!光の力、お借りします!」
きちんと動きまでつけてフュージョンアップを再現する大地くん。
「すごい敬意をはらってるでしょ?さん付けしてて!」
 
大地「エックスはこうですよ」
「これが、ティガとウルトラマンの力!」
劇場版ウルトラマンエックスの1シーンを再現。
オーブと違って「さん」付けをしてないんですよねw
 
「みんな、誤解しないでほしいな!敬意はらってるからな?ちゃんと礼儀とかわかるからな?」
 
 
大地「次のウルトラマンを考えたんだけど。エックスがX(バツ)で、オーブが○(マル)だから、来年は△(三角)!それでオレ名前も考えた。ウルトラマントライアングル!・・・ないな!」*1
 
「ないな!」ってオチつけるとこまでテンポが良すぎるトークでした。
 
■質問コーナー
観客の子ども達からの質問に大地が答えるコーナーです。
質問してくれた子には大地隊員のサイン付きのキラキラゴモラシールがプレゼントされます。
 
質問①
子ども「ウルトラマンはどうやって戦ってるの?」
 
大地「久しぶりにまともな質問がきた!」
会場(笑)
大地「みんなの応援の力で戦ってるんだよ。だから応援してくれよ!」
大地「ところで、聞いていい?一番応援してるウルトラマンはだれかな?」
子ども「オーブ…とエックス」
大地「ああ、びっくりしたー!(笑) ありがとうな!」
 
質問②
子ども「大地さんの好きなウルトラマンは?」
大地「もちろんエックスだけど、この会場に俺がお世話になってる田口さんて人*2がいるからオーブも好き。あとゼロも好きだ」
大地「オーブを応援してくれたら田口さんが喜ぶよ!」
 
質問③
大地にあててもらった子は、緊張のためなのか質問を言えなくなってしまってました。
小さい子にはよくありますよね!
なので大地がいろいろとおしゃべりしてました。
大地「エクスデバイザー持ってきたの?ありがとう!・・・オーブリングも持ってるの?お母さん、ありがとう!」
#購入してくれたお礼を親御さんに言う大地くんw
 
■光線の出し方を教わるコーナー
 
お姉さん「エックスにはウルフェスのみんなの力で生まれた光線があるんですよね?」
⇒“ウルトラトルネード光線”を大地が会場のみんなに教えてくれるそうです。
 
お姉さん「エックスを呼びましょう。せーの!」
観客「エックスー!」
 
エックスが登場すると真っ直ぐ大地のとこ行ってハグ。
なぜ出てくるなり抱きついたのか不明ですが…ぎゅーっとしてました。
大地「エックス、今日一日、無茶ぶりごめんな?」←ハグしながら言ってました。
#なんで・・・なんで抱きついたの・・・。
#今日のエックスは本当にスキンシップが多いです。
 
その後は、何事もなかったかのように、光線の出し方講座スタート。
ここで大地から驚きの発言
「さっきは“右手が上”って言ったけど、逆だった!最初は“左手が上”で右手が下」
 
11:30回と13:40回は逆を教えてたことが判明!w
(参考までに、こちらがライブステージの写真です。左手が上ですね!)

f:id:rrrrb:20160825010340j:plain

 

ババルウ星人との戦い
 
皆で仲良くトルネード光線の練習をしていると、
ババルウ星人の声がスピーカーから聞こえてきました。
「お楽しみの時間はこれまでだ!」
 
ハッとしたエックスがババルウを探すのですが、ババルウが上手から出てくるのに、下手側を探すポンコツぶり。マジ天然かわいいなと思いました。
 
一方の大地はババルウ星人に気づかない素振りで歩き、ババルウ星人に衝突。
こっちは嫌がらせで、わざとやってる気がします!
大地「あ、気づかなかった」
ババルウ「気づかなかった!?こんなに派手なのに!?」
悔しそうに叫ぶババルウ星人
 
ババルウ「おい大空!今度こそ勝ってやるぞ!」
大地「今年、ふれあいステージがないからって!」*3
ババルウ「ああーーーーーーーーーーーー!!」
その場に崩れ落ちるババルウ。
痛恨の一撃。
 
ババルウ「ふれあいステージの出番がないから・・・!こういう特別な時に『お願いします』と言って出させてもらってるんだ!」
床に膝をついたまま、絞りだすような声で訴えるババルウ星人
聞いてる方もつらいですww
 
大地「(出番の話は)子どもたちにはわかんないだろ!」(→ババルウに)
大地「あとで大人の人に聞いてね~」(→子どもたちに)
 
ババルウ「さっきは負けたが、考えた!お前を動揺させればいいんだ!」
頭脳派の悪役っぽい台詞!
しかしここから、ちょっとシュールな流れに。
ババルウ「ちょっと、そこに並んでくれるか?」
と言って、大地、ババルウ星人、エックスが横並びに。
 
ババルウ「大地さん!エックスさん!4900円お借りします!」
フュージョンアップのシーンを再現する3人。
大地とエックスがおとなしく片腕をあげてポーズとってる光景がシュールでしたw
※このシーンを再現していました。

f:id:rrrrb:20160825013138j:plain

 
シュールな光景に、ざわざわする会場。
大地「ややウケじゃねーかよ!」
ババルウ星人の体を叩いてツッコミを入れる大地
→エックスが大地の肩を抱いて胸に手のひらをあてて「まあまあ」となだめる仕草。
 
ババルウ「なぜ4900円かわかるか?」
大地「・・・?」
ババルウ「4900円はDXオーブリングの値段だ!時代はオーブリングなんだよ!」
 
大地「俺は…見てしまったんだ。エクスデバイザーが半額で売られているのを…!」
ショックな表情の大地。
そして「エクスデバイザー半額」と聞いた瞬間にエックスがステージうしろの壁にペタンと寄りかかってガックリしてました。
精神攻撃がけっこう効いてます。
 
大地「でも、俺は1人の力で戦ってるんじゃない!」
会場のみんなの力があるから!みたいなこと言ってました。
 
お姉さん「みんな!ウルトラトルネード光線よ!せーの」
大地&エックス&観客「ウルトラトルネード光線!」
⇒派手に倒れるババルウ星人
 
ババルウ「あと少しだったのにぃぃいいいい!!」
 
敗れたババルウ星人は、立ち上がり
「大地!ありがとうな!」と明るく言いました。
大地も「また来年会おう!みんなの応援があれば来年も会えるからな!」と言って、2人はがっちりと握手。
試合後のスポーツ選手のようにさわやかな光景でした。
なんだこれ・・・w
 
ババルウ星人「じゃあエックスも・・・」と握手の手を差し出すと、
大地がババルウ星人を殴って「早く行けよ!!」とステージ裏へ追い出しました。
あっ、やっぱり仲悪かったw
 
大地「こどもたち~、これが茶番って言うんだよ~」
にこやかに客席に向かってメタなことを言う大地くん。
 
■ハイタッチ会
1回目、2回目と同じように、大地とエックスがハイタッチをしてくれました。
 
ハイタッチ会の列形成をしてるとき、観客の方がエックスに話しかけて、エックスがふんふんって感じで交流してました。
うしろでスタッフさんが大地とエックスのツーショット写真を撮ろうとしてるのに、エックスは気付かずにずっと客席と何かお話ししてたので、大地がエックスの腕をつかんで引っ張って連行してました。あーー、マイペースで天然かわいい。
 
■終わりの挨拶
 
大地「いつか全員の質問に答えるっていうのをやってみたいんだ」
お姉さん「ずっと答え続けるんですね?」
大地「いつかやってみたい!」
 
大地「今日は楽しい時間をありがとう。言いたいことは一つだけです。また来年、ウルフェスでお会いしましょう!」
 
大地が挨拶をしてるあいだ、エックスがチラチラ大地を見てました。
タイミングをうかがってたんだと思います。
大地が挨拶とおじぎを済ませると、エックスが右手で大地の左手首をつかみまして、そこから手のひらどうしで手を繋いでました。
 
片手の親指で大地が「こっち行こう」
エックスが「いやこっち行こう」
ジェスチャーで3,4回くり返し。
で、最後はエックス側の出口から帰っていきました。
その間ずーーーっと手を繋いだままだったんですよ。かわいかーー。
大地がニコニコしてて本当に可愛い二人でした~。
 
(終わり)
 
 
1回目(11;30回)のレポート
2回目(13:40回)のレポート
 

*1:2016/6/11の舞台挨拶での既出ネタですが、何回聞いてもX→○の流れが上手いです

*2:田口清隆監督。ウルトラマンエックスとオーブでメイン監督を務めた方です。

*3:ふれあいステージの消滅はヲタクにとってもつらい