読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまでもどこまでも

当ブログでは、特撮のイベントレポを書いております。Twitterでは「@777knka」と「@bcgl2004」でつぶやいております。

「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」完成披露上映会(2015/9/26新潟)

開催日時:2015/9/26(土)14:15~
登壇者:林剛史/伊藤陽佑/吉田友一
会場:T・ジョイ新潟万代 (新潟県)

 

◆キャストの登場
下手側の出入り口から入場。なぜかメロン1玉を持って登場する伊藤さん。
舞台上の並びは林、吉田、伊藤。衣装はグッズのTシャツ。
 
◆挨拶
 
林「みなさん腹から声出してください!こんにちはー!」
伊藤「デカグリーン役のメロンです。よろしくお願いします」
※特に訂正もなくメロンのまま挨拶が終了
吉田「生まれ故郷にデカレンジャーを引っさげて帰ってくることが出来て嬉しいです」
 
ちょくちょく会話に”メロン”が乱入
伊藤「メロンだよ(裏声)」腹話術のようにメロンを掲げて高い声で喋る伊藤さん
 
・メロンについて
伊藤「新潟の伊勢丹で北海道物産展がやってたので買ってきちゃった」とのこと。
「これから北海道に行くのに(笑)ただ緑色っていうだけの理由で買いました。このメロンはT・ジョイさんに差し上げます」
 
◆司会進行の伊藤さん
 
台本のはさまったバインダーを足元に置き
伊藤「今回は台本無視です!」
 
◆キャストの故郷をまわるツアー
広島=さいねいさん
大阪(の隣の兵庫)=林さん
愛知=木下さん
新潟=吉田さん
 
伊藤「そして明日はわたくしの故郷・札幌」
伊藤「菊地美香の故郷・埼玉はいらないでしょうっていう判断で(笑)」
林「やめなさい(笑)ここに埼玉の人が来てるかもしれないから」
 
◆新潟について
 
吉田「新潟には小学校にのぼるくらいまでいて、引っ越した」
林「小学校に”あがる”じゃなくて”のぼる”?」
 
吉田さんが天然ボケ発言をする度に必ず拾う林さんと伊藤さん
吉田「2人から突っ込まれると嬉しい(笑)よくわかってる」
 
伊藤「我々は吉田友一の取扱説明書を持ってますから」
林「俺の(吉田友一への)ラブ感、半端ないから」
伊藤「メロンも嬉しいよ!(裏声)」
林「このメロンうるせえな!」
メロンネタの度に足元に置いたメロンを顔を高さまで持ち上げて裏声で喋りだす伊藤さん。
 
◆他の仕事で新潟に来たことは?
 
・吉田さん
舞台の仕事でも来たことはない。
林「そっくりな人がやってるバンドでも?」
伊藤「某自己男チェスターズ?」
吉田「高崎までは行ったことある」
林「(東京から)近いw」
 
・林さん
椿三十郎の時に新潟に来たことがある。
 
・伊藤さん
高校の時に部活の合宿で来たことがある。(新潟の街の記憶はほとんどないw)
 
◆空き時間
 
伊藤「差し入れでみかづきのイタリアンをいただきました」
林「友一は1人で荒川に・・・じゃなくて信濃川に」←多分、素で間違った雰囲気
伊藤さん&吉田さんが「荒川じゃない(笑)」「アンダー・ザ・ブリッジじゃない(笑)」と総ツッコミ。
 
林さんと伊藤さんは近くのTV局のイベントに行ってみたところ、タイミング良く剛力彩芽さんが来ていたのでライブを見たとのこと。(13:30に行ったら、13:40に剛力彩芽さん登場と書かれていたそうで)
 
伊藤「友達じゃないを歌うかなと思ったけど新曲だった」
友達じゃないの曲名は「友達より大事な人」
 
その後、林さんと伊藤さんは伊勢丹の北海道物産展に行ってから、レインボータワーを見たとのこと。
 
伊藤「一方その頃、友一は・・・」
信濃川でたそがれてた。
林さんが吉田さんの帽子を見て「ちょっと形違ったらスナフキンだぞw」
 
◆新潟の人へ聞きたいこと
 
・「万代」の読み方
観客から「ばんだい」と言われて
林「バンダイ!お世話になってる企業じゃないですか!」
伊藤さんは自分の着ているTシャツの襟を引っ張って「Tシャツのここ(タグ)にも書いてあります」
 
・林「エスカレーターで立つ場所は右なの?左なの?」
観客「ないです!」
林さんと伊藤さんが空き時間に出かけた時にエスカレーターに乗ったら左右が混在していて「どっち?」と思ったそうです。
 
◆デカ10について
 
伊藤「そろそろデカレンジャーの話をしましょうか?」
ここまでデカレンの話を一切しないという自由な舞台挨拶
 
◆10年後のテツについて
伊藤「デカブレイク、署長になってましたね」
吉田「おめでとうございます。ありがとうございます」
→自分で「おめでとうございます」と言った吉田さんに、林さん&伊藤さんが大笑い
 
吉田「命令とか状況報告とか、昔はやっていなかったことをしている。どっしりいこうかと(思ってやりました)」
林「命令してても、”さん”を付けることで年下感が出ていていいよね。センさん、ウメコさん、ホージーさん、って」
褒められて照れる吉田さん
吉田「ありがとうございます」
林「いい加減、褒められるのに慣れろよ!」
 
◆10年後のホージーについて
 
吉田「かっこよかったね」
林「かっこいい?ただ髪がボサボサなだけだぞ」
吉田「こっちが思っていなかった姿で出てきたよね。ああいう腑抜けた・・・」
林「ちょっと待って、ディスってる!?」
伊藤「汚いホージーときれいなホージーね」
林「汚いときれいで分けるのやめろ(笑)」
 
どういう話の流れか忘れたけど、林さんが吉田さんに「俺はお前のこと天才だと思ってる」と言っていました。天才っていうのは発言のチョイスのセンスが、、、というニュアンス。
 
◆10年後のセンちゃんについて
 
伊藤さん曰く「ウメコとの関係はミッドナイトデカレンジャー
→林「今日、(客席に)子どもいなくて良かったな(笑)」
 
伊藤さんはシナリオ段階から企画に関わっていたので、希望を取り入れてもらっていたと。センちゃんとウメコについては何か進展いてほしいと思っていたそうです。
 
伊藤「デカレンジャーバンが来てからバンが出ていくまでの話だと思ってる」「そういうことをお願いして脚本にしていただいた」
 
吉田(伊藤さんについて)「極めてナチュラルな芝居で、、当時よりもナチュラルになっていて驚きました」
→芝居の話の流れで林さん
「友一はデカレンジャーロボに乗ってアブレラと戦っている時は、10年前と同じ声だった」と吉田さんの演じ分けを褒めると、吉田さんは再び照れていました。
 
◆質問コーナー
 
手を挙げた方がレッドTシャツを着ていたのでお客さんをいじりだす3人
林「俺ら3人が来るのに、なぜ赤のTシャツを着てきた!?(笑)」
 
◆質問(その1)他の戦隊になれるなら何になりたいですか?
 
林「ライダーになって『変身』と言ってみたい」
伊藤「同じーー!!」
※かぶる2人
伊藤「仮面ライダー剣の劇場版で3人がバイクからおりてきて歩きながら「変身」って言う、あれをやりたい。デカレンジャーと同時上映だったんだよね」歩きながら実演してくれる伊藤さん
 
吉田「ふなっしー
→会場爆笑
吉田「最近、ふなっしーのことが本当に好きで、おもちゃ売場に行ったらふなっしーのカーナビが売ってるんだよ」
林「おまえ今日一番目ぇ輝いてるぞ!」
伊藤「お金に余裕のある方は買ってあげてください(笑)」
吉田「いやそれはいいよ」
 
吉田(戦隊で言うと)「チェンジマンを見てたのでチェンジペガサスをやりたい」
「シルバーっぽい・・・」と言うと観客から「ブルー」と訂正される吉田さんw
 
伊藤「ゴーバスターズになりたい。レッツモーフィン!って言ってみたい。あと世界観がエヴァっぽくて好きです」
林「ゴーバスターズって馬場良馬が出てたやつだよな?」←ばばりょって呼んでたかもしれない
伊藤「すぐ熱暴走してたけどw」
林「俺そこまで(=熱暴走するとこ)は観てないけど、1話を観てばばりょに連絡した。あと、ちょっとデカレンジャーにも似てると思った」
 
◆質問(その2)ウメコジャスミンのどちらか好きですか?
 
伊藤「ウメコ」(即答)
客「センちゃんにはプロポーズの時の気持ちを教えてほしいです」
伊藤「プロポーズしてたっけ?」
林「『名字変えようかな、江成に』っていうあれだろ」
伊藤「こいつ、いつまで俺を振り回すんだろと思いつつ、かわいいなと」
 
伊藤「そういえばお風呂のシーンを覗きました。”写真撮って”と言われたので撮りました。女性の風呂の写真を撮ったのは初めてです」
林「何度もあったらそれは(笑)」
 
余談ですが。この質問の時マイクランナーになった吉田さんがゆったりと歩いてお客さんのところへ行ったので、伊藤さんと林さんが「もうちょっとペースあげて!」「大御所だな(笑)」とツッコミ。
 
林「俺はどっちだろう・・・」
伊藤「ジャスミンでしょ?」
林「でもジャスミンだと心が読まれるからなー。しかも瞬間移動できるから。”アンタ今どこにいんの?”って言われて”男友達と飲んでるよ”って答えても、瞬間移動でシュって来そう。真子さんがいいです。スワンさん」
 
吉田「菊地美香
ウメコジャスミンじゃなくて菊地美香!?と伊藤さん林さんからツッコミ。
 
◆質問(その3)なんじゃもんじゃ忍者のダンスについて
 
伊藤「事前にダンスのビデオはもらっていたけど、(撮影当日は)特に準備をしないで踊った」
伊藤「あのダンス、簡単ですよね?」
林「ところが、さいねいさんは・・・「良い子のみんな!一緒に踊ろう!」って言ってそのあと(笑)家でダンス動画を見てて”踊ってへん!”てツッコんだ」
 
吉田「俺もあんまり踊れないので」
林「一番踊れる女の子(=矢野ちゃん)と二番目に踊れない男の子(=吉田さん)が一緒に踊ってた」
 
◆最後の挨拶
伊藤「前回、ハリケンジャーさんがやってくれたおかげ。さらにその上で困難なことを
乗り越えられたのは、応援してくれた皆さんのおかげです」
林「俺は最初はあまり乗り気ではなくて、なぜかというとデカレンジャーの終わり方がしっくりきてたから、あれを超えられるのかなと思ってた。あとみなさんに受け入れてもらえるのかなとも思ってた。さっき新潟のチケットも完売したと聞いてスタッフさんと一緒に喜びました。」
 
◆デカ10のDVD、Blu-rayと伊藤さんCDの告知
 
尻ポケットからCDを出す伊藤さんと林さん
林「3曲目は”ウーパールーパー”、5曲目は”いつか棒になる”これだけで気になりますよね?」
 
林さんがデカ10スペシャル版について「こちらの会場で予約を・・・」と話していると、スタッフさんが何か林さんに話しかける。
→林「ここでは予約を受け付けていないということですので、ネットでお願いしますw」
 
◆ロジャー
 
大阪の上映会から毎回やっているロジャー。
今回はさいねいさんがいないので吉田さんがかけ声をかけることに。
林「新潟のスターにやっていただきます」
吉田「新潟のスターはNegiccoさんだから」
 
吉田「デカレンジャー10 YEARS AFTER!広めていってください。よろしく」
客「ロジャー・・・?」
 
吉田さんがわりと淡々と言うから、答える側も戸惑ってしまいゆるーい感じに。
林さんと伊藤さんが大笑いして「ちょっと待ってくれww」とツッコミ。
林「”よろしく”ってなんだよ。デカレンジャー10 YEARS AFTER盛り上げてくれるかな→いいとも!みたいな感じでロジャー!ってやるだろ」
 
仕切り直して2回目
吉田「デカレンジャー10 YEARS AFTER 盛り上げてください」
(・・・間)
客「ロジャー!」
→やっぱり、ゆるーい感じで決まらなかったのですが、爆笑の中トークは終了。
 
退場する時に通路際のお客さんにハイタッチをしながら帰る3人。
 
◆写真
劇場入口に貼られたポスター

f:id:rrrrb:20151004010952j:plain

 
トークに登場したレインボータワー

f:id:rrrrb:20151004011317j:plain

 トークに登場した北海道物産展のチラシ