読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまでもどこまでも

当ブログでは、特撮のイベントレポを書いております。Twitterでは「@777knka」と「@bcgl2004」でつぶやいております。

「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」完成披露上映会(2015/8/30東京11:00)

デカレンジャー 戦隊
開催日時:2015年8月30日11:00~
登壇者:さいねい龍二/林剛史/伊藤陽佑木下あゆ美菊地美香稲田徹
会場:ニッショーホール

 

※トークで新作Vシネマの内容に触れている部分がありますので、ネタバレにはご注意ください。

 

◆会場ロビー物販<
物販スタッフが「緑の人のワンマンライブチケットとCDを販売しております!」と大声で宣伝していました。他には「伊藤陽祐さんの」「センちゃんの」等のバリエーションあり。売り場の飾りとして、フィギュアーツ(?)のデカグリーンが逆立ちで置いてありました。
 
◆会場内BGM<
特捜戦隊デカレンジャー」TVサイズ、ナレーション付
「ミッドナイト デカレンジャー
「THE MOVIE VERSION! DEKARANGER」
 

◆開演約5分前にボス(稲田徹さん)の生声でアナウンス。

「地球署・署長、、、いや”前”署長のドギー・クルーガーだ」「マスコミ以外の録音録画は禁止、会場内は飲食禁止」「以上の行ないが発覚した場合は、即刻デリートする」(最後に)「いつものように元気良く答えてくれたまえ、エマージェンシー!デカレンジャー出動!」(観客)「ロジャー!」
 
◆キャストの登場
並び順は、林、木下、さいねい、菊地、伊藤、稲田(敬称略)
 
ドギー風のマスクを付けて青髪で登場した稲田さん「六つ、無敵がなんかイイ!吉田友一です」とジョーク。挨拶後、早々に「息苦しいので」と外していました。
 
稲田さんのマスクについて
さいねい「今でも不満ですよ。絶対出オチだし、滑るって言ったんですよ!」
稲田「イケメンと並ぶ俺の気持ちにもなってくれ」
 
◆本日のファッション
テーマは「それぞれ役柄の色を取り入れること」
 
どこに黄色が?と聞かれた木下さん
木下「ベージュは黄色系ということで。あとイヤリング」
林「来てみたら俺が一番(色を)主張してた」
 
吉田友一さんからのビデオメッセージ
「かわいいな」「かわいい」を連発する男性陣。(多分、伊藤さん稲田さんあたり)
観客がメッセージ内容で笑うと、
伊藤「さすが」
 
服装と雰囲気からして7/31のマジデカ上映会の日に撮影したのかなと思いました。
 
◆坊主にした林さん
林「最近、本田圭佑に似てるって言われるんです。俺の方が年上やのに」
さいねい「似てる・似てないに年(とし)関係ある?」
林「本当だったら本田圭佑が俺に似てるってことでしょ。ただ知名度的にこうなりますけどね!」
 
◆やさぐれホージーについて
林「ヒゲを生やそうという案もあったんですが、撮影の順番もあって、この日数じゃ伸びないなということでヒゲ無しになりました」
 
◆ジャスミンについて
MCから「木下さんは結婚されてお子さんも生まれて」と話があると、
観客「おめでとうー!」
 
ウメコとセンちゃんの関係
菊地「あれは付き合ってるんですかね?」
雑誌のインタビューでも疑ってた菊地さん。いまだに疑念を持っている様子。
それに対して伊藤さんはすごい勢いで、
伊藤「付き合ってるでしょお!さんざん取材で言ったじゃない!」
大きな身振り付きで3回くらい叫ぶ伊藤さん
「付き合ってるでしょうお!」
「付き合ってるでしょうお!」
「お願いだから付き合ってください」と菊地さんに向かって頭を下げる。
菊地さん「お願いします」とこちらもお辞儀。
→観客大盛り上がり。
 
◆まだおごってもらってない論争
さいねい(稲田さんは)「おごるって言ったのに、俺まだおごってもらってませんからね!」
稲田「誘っても、俺(広島に)帰るんでって断るからだろ…」
 
◆ラストシーン
林「”相棒!”と龍二がすごくいい顔で言ってくれたので、言いやすかったです」
さいねい「”相棒って言うな”に言いやすいとかあったの!?」
MC「みなさん(観客)も拍手してましたよ」
※確かに上映中に一番の拍手が起きました
稲田「俺の見せ場が剛史のドロップキックに食われたってことか・・・」
 
◆ボスについて
 
・(意識不明だったので)スタートから30分、台詞がなかった
・スワンさんへの告白をみんながいる前でした件について
 →稲田「2年間眠ってたから、今言わないと!と思って周りが見えなくなってたんでしょうね」
・意識不明のボスの人工呼吸器
 さいねい「あの洗濯機のホースみたいなの」
 稲田「小道具さんがちゃんと用意してくれたんだから(笑)」
 ※言われてみると確かに洗濯機のホースっぽい。
 
 木下「吸われてて」と天然発言
 →「吸われてるんじゃなくて酸素送られてるの」と笑う他キャスト
 
◆変身シーン
・変身シーンがクランクアップだった
・一発で決まらなかった
 
菊地「でも成功したら終わってしまうって思うと、終わってほしくないと思った」
さいねい「いやあの時(時間が)押してたからね!」
終わりを寂しがってた菊地さんと、現実的なさいねいさん。
 
後ろの2列にハリケンジャーキャスト(塩谷瞬さん、長澤奈央さん、山本康平さん、白川裕二郎さん)と純烈メンバーが来ていました。※姜暢雄さんは不在
 
離れたところから見てたんですが、ハリケン組は仲良さそうにひそひそしゃべっていて、終始ニコニコしていて、相変わらずの仲のようでした。微笑ましい。
 
舞台上で”ハリケンジャーが10 YEARS AFTERをやってくれたのでデカ10もできて、、、”というトークをした時に、塩谷さんが大声で「おめでとう~!」と叫んでいました。