どこまでもどこまでも

当ブログでは、特撮のイベントレポを書いております。Twitterでは「@777knka」と「@bcgl2004」でつぶやいております。

「ウルトラマンジード」グランドフィナーレ・レポート(2018/6/23)

日時:2018/6/23(土)9:00~
会場:丸の内ピカデリー シアター1(定員802)
登壇者:濱田龍臣(朝倉リク役)、小澤雄太(伊賀栗レイト役)、平田雄也(湊カツミ役)、小池亮介(湊イサミ役)、ウルトラマンジード ウルティメイトファイナル、ウルトラマンゼロ ゼロビヨンド、ウルトラマンロッソ フレイム、ウルトラマンブル アクア

記憶を呼び起こしながら一生懸命に書きました。
言い回し等正確ではないと思いますが、なんとなくこんな感じだった…ぐらいの気持ちでお読みください。

■タイムテーブル
・9:00~10:20 劇場版ウルトラマンジー応援上映
・10:25~11:00 舞台挨拶
・11:00~11:30頃 ハイタッチ

■舞台挨拶
映画の上映が終わると司会のお姉さんが登場して、さっそく舞台挨拶スタート

司会「早速ご登場いただきましょう!朝倉リク役の濱田龍臣さんです!」
リク「こんにちは!よろしくお願いします!」

司会「伊賀栗レイト役の小澤雄太さんです!」
レイトさん、ステージにあがる階段で転ぶ演技。
リク「大丈夫ですか!」
レイト「久しぶりなので緊張しちゃって(笑」

レイト「谷丸商事営業部の伊賀栗レイトと申します。本日は午前休をいただいてやってきました!」

■グランドフィナーレを迎えた今のお気持ちは?

レイト「みなさんにお聞きします。楽しんでいただけましたか?」
観客「楽しかったーー!」
レイト「この声が明日からの営業の活力になります!」

営業ネタのあと真面目に話し始めるレイトさん
「僕もゼロさんに出会って、色々なことを学び成長することができました」とか色々。

話しているレイトさんの隣で、BGMに合わせて口パクで歌うリク。
司会のお姉さんに「楽しそうな濱田さん」とツッコまれていました。

そしてリクが話す番
リク「ええと、何しゃべっていいか・・・。最後って言いつつ僕は7月1日にアリオ鳳*1に行きます!」
レイト「僕も7月21日に横浜*2に行きます」
リク「こらー!僕がしゃべる番!」
ぷんすかするリク(かわいい)

司会「とはいえ、これで一区切りなので寂しいですよね」
リク「みなさん寂しいですか?」
観客「寂しいー!」
リク「この声で僕もバイト頑張ります!」

■濱田さん・小澤さんにとって、ジード・ゼロはどんな存在ですか?

レイト「強く願えば夢は叶います!・・・これだけでございます」
リク、ズコーとコケるリアクション
→このあと、レイトさんはもうちょい長めに話してたはず(記憶があやふや)

リク「僕の場合は自分自身なのであれですけど・・・この肩書というか、ウルトラマンになったということは今後の人生でずっとウルトラマンになるわけじゃないですか。僕は一生ウルトラマンジードです。地球のみんなのために何歳になっても頑張ります」
観客(拍手)
リク「80年後とかまで」
レイト「80年後ってギリギリのとこいきますね」
リク「"ギリギリまで踏ん張って"…ね!」「でもあれ…?80年後って…?」
と言ったあと無言になって観客席を見渡すリク君。ファンの寿命のことを気にしてくれたんですね(笑)*3

リク「ジードは僕にとってはキボウノカケラになるのかな」
レイト「うまい!」

■ルーブの湊兄弟

ここでカツミが登場
司会「湊カツミ役 平田雄也さんです」

カツミ「おはようございます!」
観客席に向かって大きな声で挨拶するカツミ

リク&レイト(ひそひそ声で)「礼儀正しい・・・」

カツミ「さっき漏れてくる声ですごい緊張してしていました。みなさんのウルトラマン愛をひしひしと感じております」

次にイサミが登場

イサミ「おはようございます!」
兄と同じようにピシっと挨拶

リク&レイト(ひそひそ声で)「礼儀正しい・・・」
レイト「朝礼なんですかね」
リク「似てますね。兄弟」


■後輩ができたリク

司会「リクくんは先輩になったということですよね?」
リク「嬉しいんですけど、兄弟って羨ましい!」
観客(笑)

⇒ 兄弟の間に割って入っていくリク
(イサミ、リク、カツミの並び)

リク「家族って大事だと思う!僕が言うと重いでしょ?(笑)」

リクから後輩へメッセージ
「兄弟だということを胸に刻んで信じあって頑張ってください」

これはレポではなく感想なのですが、「兄弟って羨ましい!」と発言して笑いをとるリクくんの強さがとても良かった。確かに重いけど、朝倉リクが幸せに生きていることがファンにもわかっているからこそ、笑える発言だなと思っています。

■プレゼント

リク「プレゼントがあるんです」
スタッフさんがステージに運んできたのはリクと同じジャケット2枚

リク「僕も去年ガイさんから頂いたので、引き継がせていただこうかなと」
ジャケットにサインを書いて後輩にプレゼントする風習が引き継がれました。

リクがカツミにジャケットをプレゼントしようとすると、、、ふざけて受け取ろうとするレイトさん
リクかカツミが「1枚たりなくなっちゃうから!(笑)」とツッコんでいました。

リクからカツミとイサミにジャケットをプレゼント
カツミ&イサミ「カッコいい!」
がっちり握手してリクが「頑張ってください」とエールを送りました。

ここでレイトさんが「あっ!」と何か思い出した様子で
レイト「僕もプレゼント持ってきたんです!」とカバンを持ってきたのですが、、、様子がおかしい。
レイトさんが見えないなにかに引っ張られて「ゼロさん!やめてください!」

アクロバティックな動きと共にメガネをとってゼロ人格へ交代。

人格交代を見た反応は
・観客:拍手と大歓声
・リク:美味しいところを取られて嫉妬。スネる。
・湊兄弟:驚いてポカーン

ゼロ憑依レイト「はじめましてだな!兄弟ウルトラマン!」「このゼロスラッガーを贈ろう!」

ゼロさんが「レイトが作りたいって言うから、こうやってちゃんと2個持ってきたんだぜ!」とゼロスラッガーを1本ずつ兄弟にプレゼント。
#ところでそれ作ったんです…?という疑問はあります。

スラッガーを持った兄弟&ゼロ憑依レイトが並んでカメラに向かってポーズ。
離れたところで拗ねモードだったリクがそっと寄ってきて記念写真に加わろうとしていました。可愛いなあもう。

プレゼント贈呈がすべて終わったあとに、憑依がとけたレイトさん。
「もうー!カッコいいところは全部ゼロさん!」

イサミ「いつもこういう感じでやってるんですか…?」
リク「いつもはココ(頭)にスラッガー付いてる人が出てくるんですけど、あげちゃってこれからどうやって戦うんだろう?」

・プレゼントをもらった感想
カツミ「2人の大切なものをいただいて身が引き締まる思いです」
イサミ「めちゃくちゃ嬉しくて言葉が思い浮かばないんです」

・R/Bの放送
カツミ「新しい僕らを受け入れてもらえるか、楽しみでもあり、不安でもあるんですけど、オンエアを見ていただけたらと思います」
観客\見るよー!/

・R/Bのオープニング映像
カツミ「僕らからもプレゼントがあります」
イサミ「完成したばかりのウルトラマンルーブオープニング映像を持ってきました!」
まだどこにも公開されていないOP映像、この場で初公開です。

リクとレイトが「あっち?こっち?」とステージ上でじゃれあいながら舞台端に移動していて、かわいい~
照明が落とされて暗くなってからも、ステージ端でわちゃわちゃしてから「見よう!」とスクリーンに集中するリクくん。

ルーブOPは映像も曲もすっっっごくカッコよくて、7月7日が待ちきれなくなりました。

OPを見終わって
レイト「すごいですね!カッコいい!」

司会「ルーブのお2人もスラッガーで戦うんですね?」
カツミ「そうですね、使い分けたりとか・・・」
イサミ「兄弟でちょっと違ったりするので使い分けています」

・呼び方
司会「妹からはどのように呼ばれていますか?」
カツミ「カツ兄です。カツミ兄さん略してカツ兄です」
イサミ「僕はイサ兄です」
観客 \イサ兄!/
イサミ「ぜひこれからも呼んでください」

・ルーブOPの感想
レイト「言葉が出ないんですよ」
地味な真似をするレイトさん(笑)イサミが笑ってレイトさんに何かツッコミ?を入れていました。

リク「ひとつ言えるのは・・・兄弟っていいなぁ!」
このネタ物凄くウケていたので今後もぜひ言い続けてほしいなあと思います。

■変身
司会のお姉さんが変身を見せてほしいとお願いすると
レイト(ゼロ)「もちろんいいぜ!」

カツミ、イサミ「「俺色に染め上げろ!ルーブ!」」
カツミ「セレクト!クリスタル!纏うは火!紅蓮の炎!」
イサミ「セレクト!クリスタル!纏うは水!紺碧の海!」
リク「つなぐぜ!願い!」
レイト「俺に限界はねえ!」

→ゼロビヨンド、ジードウルティメイトファイナル、ロッソ、ブルが登場

■フォトセッション
まずは記者のみなさんの撮影。

フォトセッション中のお遊び
リク「お借りします!」
カツミ「違う!笑」
リク「エックスーー!」
カツミ「違う違う!それ前の前!」

そしてなんと特別に、ファンも撮影可能な時間を設けてくださいました!写真はタグ「ウルトラマンジード」を付けて投稿してくださいねとのこと。私も撮影させていただきました。→ https://twitter.com/777knka/status/1010389019136438272


■最後に
司会「お一人ずつメッセージをいただきたいと思います。まずは小澤さんから・・・」
カツミ「ちょっと提案があります!グランドフィナーレなので、みんなでエールを送りませんか?」
イサミ「いいねえ!カツ兄!」
カツミ「練習いいですか?せーので『レイトさーん!』と言ってください。せーの!」
観客「レイトさーん!!」(大音量)
カツミ「練習からすごいですね!じゃ本番行きますよ!せーの」
観客「レイトさーん!!」

・レイトさんの挨拶
「感極まって、汗が目に入って涙が出ます」と冗談めかして話すレイトさん「僕とリクくんは年の差があるので普通なら絶対に知り合わなかった2人ですが、知り合って絆を深めることができました」

このあたりからリクが明らかに泣きそうになって、うしろを向いたり、手であおいだ風で涙を乾かそうとしていました。
見ているこちらの気持ちは”リクがんばって…!”

リクくんの挨拶の番がくると
観客\\リクくーん!//
我慢できずに泣き出すリク
リク「おかしいな、泣く予定じゃなかったんだけど…」

レイトさんがリクを抱き締めて、
続いてジードもリクを抱き締めて、
よしよししていました。

観客席からは「リクー!」「がんばれー!」などと声援。

リク「えーーーっと、1年前には本当に緊張していました。1年3ヶ月を通して何倍にも成長することができました。この成長はこれから自分にとってかけがえのないものになっていくと思います。ウルトラマンという6文字のタイトルにすべてが詰まっていると思います。ええと、、、何言っていいかわかんなくなってきたなあ・・・・・・(沈黙)」
観客\がんばれー!/
リク「うれしいんですけど、それやられると泣いちゃうんですよ・・・」

リク「あの、ひとつ聞いてもいいですか?僕にはじめて会う人!・・・ちらほらいますね。じゃあ他の人は何回か来てくださっているということで、ありがとうございます。はじめましての人も、何回も来てくれた人も、もちろん来られなかった人も、ありがとうございます」

リク「本当に濃密な1年3ヶ月でした。・・・まあ、まだまだ人生長いですから。これからも頑張っていくので見守っていてください!ありがとうございました!」

リクが”自分は泣いちゃってるんですけど、みなさんは大丈夫ですよね?”というようなことを言うと、客席からも手をあげる人たちがいました(ファンも一部泣いていた)。

挨拶を終えて、会場いっぱいの拍手の中、大きく礼をするリクくん・レイトさん・カツ兄・イサ兄。
ここで舞台挨拶が終わり、俳優さんとウルトラマン達はいったん裏へ戻りました。

最後にぎゅーっとハグしあう人たち
<リク・ジード>
<レイト・ゼロ>
<リク・ゼロ>
そして<レイト・ジード>が拳をぶつけるグータッチ。


■モアと坂本監督

数分後、司会のお姉さんからアナウンスがあり、再びリク、レイト、カツミ、イサミ、ジード、ゼロ、ロッソ、ブルの8人が映画館に戻ってきました。
※入ってきた時からもう泣いているリク。

司会「それではハイタッチ会を・・・」
モアの声「ちょっと待ったーー!」

駆け込んできたのはモアちゃん。そして坂本監督。お2人は会場の後ろの方の席でずっと見ていた(!)とのこと。

モアはまず間違えてステージに上がり(ハイタッチ会はステージ下で実施)、リクにハグ、レイトにハグ、イサミと握手。
カツミに「あれ?どこかで見たような?」*4

・モアから観客へメッセージ
レイト「泣かないでくださいよ?」
モアちゃん、話しているうちに感極まって涙声に。 その近くでリクがまた泣き始めて「ぼくだけでええやん…」

ハイテンションなモアを見たリクの反応が「あ~あ」(呆れた声)で、ちょっと泣き止んだのですが、結局2人で泣いちゃう幼馴染かわいいです。

坂本監督が話していた上映中のエピソード:
(1)スクリーンに映ったモアに観客が「かわいいー!」と叫ぶと、客席の後ろの方からモア本人が「ありがとうー!」と答えていたそうです。ものすごくモアらしいお話!
(2)ステージ上のリクが泣きそうなのを客席から観ていたモアちゃん「あれやばいんじゃない?やばいんじゃない?」。


■ハイタッチ会
そして始まったハイタッチ会。 私の番が来るまで10分くらいかかったのですが、そのあいだリクがずっと泣きながら「ありがとう」と1人1人に言っていて、胸にぐっときました・・・!

ハイタッチ順は
カツミ、イサミ、監督、モア、レイト、リク、ジード、ゼロ、ロッソ、ブル(ウルトラマン4人の順番は記憶があやふや)

それぞれのハイタッチ:
カツミ「ありがとう!観てくれよな!」と熱く言われました。
イサミ:イケメン・かわいい・イケメン。
モア:私服の白ワンピース姿がすてきな美人さんでした。ハイタッチした瞬間に軽く手を握って「ありがとう」と言ってくれました。
レイト:笑顔もハイタッチの感触もやさしかったですパパさん。
リク:ぼろぼろに泣きながらもしっかりハイタッチして涙声で「ありがとう」と。しかも私が脇に抱えていたジードグッズにリクくんが手を伸ばして触ってくれました。家宝にします・・・!


ウルトラマンジードを応援してきた1年間はとても楽しく幸せでした。素晴らしい時間をありがとうございました!そしてこれからも応援します!
レポは以上です。

*1:2018年7月1日アリオ鳳 朝倉リクと愛崎モアがやってくる!スペシャルなトークショーとヒーローショーで楽しもう!

*2:2018年7月21日(土) ららぽーと横浜ウルトラアスレチック「特別イベント開催!伊賀栗レイトがやってくる!」

*3:2018/4/8の舞台挨拶でも80年後~のくだりをやっていました

*4:長谷川さんと平田くんはZIP!出演という共通点があり以前から知り合い同士